どこでも、誰にでも、最良のアレルギー医療を。アレルギーの治療を“チーム医療”が変える

CAIとは?

CAI(アレルギー疾患療養指導士)は、喘息やアトピー性皮膚炎などアレルギー疾患の治療や管理に関する専門知識を有し、患者さんや家族への指導スキルを兼ね備えたコメディカルスタッフです。
必ずしもアレルギーが専門ではない医師と協調してチーム診療を行うことにより、標準的で良質なアレルギー医療を国民に提供する資格です。
もっと詳しく知る

近未来の展望

2021年春に第1回CAI認定試験を実施できるよう現在、準備を進めています。

第1期生を世に輩出した後、5-10年かけて全国で1万人以上の認定を目指してCAIの育成を図っていきたいと考えています。
そしてこの間、CAIと医師が協調したアレルギー診療によってどれだけの患者さんや家族が救われるのか、
様々なアレルギー疾患に関し、様々な視点(疾患の軽症化、QOL、医療費など)から検証し、データ(数値)として示したいと考えています。
すなわちCAIの使命や意義を科学的データに置き換えることがとても重要と考えます。
そしてCAIと医師によるチームとしてのアレルギー診療に対して、正当な診療報酬が認められるよう力を尽くしてゆきたいと考えています。
診療報酬の裏付けによりCAIの価値と重要性はますます高まるものと考えます。

資格取得の詳細はこちら

会員募集

正会員

5,000円/年
CAI資格取得を目標とする個人

賛助会員

100,000円/年
CAIを目指さないが、
CAIに賛同していただける個人又は団体